ニューヨーク発 旅行記

アメリカ&カナダの各都市、北米の国立公園、バハマの旅行記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日は、バンフ国立公園からグレーシャー国立公園への移動日。
カナダからアメリカへと国境越えをします。

この日、唯一寄ったところは、ウォータートン・レイク国立公園の
Prince of Wales Hotelという豪華なホテル。
湖を見下ろせる抜群な立地。
ここで、サンドイッチのランチをいただきました。

gla11.jpg

ホテルから見えたウォータートン湖(Waterton Lake)↓。
曇っていたのが残念。

gla12.jpg

 

ランチの後、間もなく国境へ。

ツアーだからか、あっけなく通過しました。

前回、シアトルからバンクーバーへ国境超えをした時は、
車を降りて事務所へ行かされ、いくつか質問をされたりと面倒だったのに。
ちょうどその時、隣で韓国の子達も同じように質問されていたので、
アジア人が何か疑われていたのかもしれません。


アメリカ側は、モンタナ州から入国しました。
モンタナ州議事堂↓
gla15.jpg



夕方、グレーシャー国立公園内にある
メニーグレーシャーホテル(Many Glacier Hotel)に到着。
Swiftcurrent Lakeの畔に建つホテルです。

gla10.jpg

このホテルの前から湖を一周できるトレイルがあって、
運がいいと動物と出会えるそうです。

わたしたちは残念ながら出会ずじまいでしたが、
湖や山を眺めながらの清々しい散策路でした。


ホテルのロビーに戻ると、大勢の人が双眼鏡を持って
熱心に山のほうを眺めていました。
一体何が見えるの?と聞いたら、クマがいるとのこと。

わたしも双眼鏡を借りてみたら、かなり遠くの山肌で
クマが動いているらしき“黒い点”を発見。
あんなに遠くにしか見えないものを
一生懸命見ているなんて、みんなよっぽどの動物好き!

gla2.jpg gla1.jpg

このホテルは国立公園内とあって、テレビが無いし、
お風呂もシャワーだけだったけれど、
暖炉がある大きな吹き抜けのロビーがくつろげるし、
部屋の窓からは湖や山々の景色が見えて、
なかなかいいホテルでした。

レンジャーが公園にまつわる話をしてくれる時間もありました。
こういうイベントがあるのは、国立公園内のホテルならでは。

レストランも、注文したものをひとりずつのお皿に分けて
盛り付けてくれたりと、サービスがよかったです。


翌日は、グレーシャー国立公園の観光です。

スポンサーサイト
テーマ:旅行日記 - ジャンル:旅行
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://watappleny.blog16.fc2.com/tb.php/112-ed174e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。