ニューヨーク発 旅行記

アメリカ&カナダの各都市、北米の国立公園、バハマの旅行記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンフ国立公園から北西へ進み、ジャスパー国立公園へ。
途中の車窓からの眺めは絵画のように綺麗でした。

banff20.jpg

氷河も多く見られました↓。
この次は、氷河の上を実際に歩くことができるところへ行くんです。

banff19.jpg


その氷河とは、コロンビア大氷原の支流、アサバスカ氷河
氷河の上を唯一走ることを許されている雪上車に乗って氷河の上へ向かいます。

この車に限定しているのは、地球温暖化によって後退している氷河への影響を考えてのこと。
下の雪上車は乗り場の横に展示されていた昔の雪上車です。

banff28.jpg

続きを読む...


スポンサーサイト
テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

本格的なツアーの始まりの日。
観光1日目は、バンフ国立公園(Banff National Park)です!

banff17.jpg
鮮やかなターコイズブルーの色が息をのむ美しさのペイトー湖 (Banff NP)

続きを読む...


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

この日から、カナダとアメリカの国立公園を巡るツアーに参加しました。

カナダのバンフを起点にアメリカ中西部を縦断し、終点ラスベガスまで。
有名どころの国立公園を12日間で巡ります。

~主な旅程は下記のとおりです~

バンフNP & ジャスパーNP  グレーシャーNP  イエローストーンNP
 
 グランドティートンNP  アーチーズNP  モニュメントバレー
 
 アンテロープキャニオン  グランドキャニオンNP → ラスベガス

わたしたちがツアーを選んだのは、
①夏のベストシーズンに国立公園内の宿を押さえることが個人では難しい
②短期間でより多くの国立公園を効率よく回りたかった
③この頃は2人とも長距離の運転に自信が無かった などの理由から。

いろいろ検討した結果、日系の旅行会社のツアーに決定。
その結果、案内も日本語で分かりやすくて何かと安心だったし、
知識豊富なガイドさんが丁寧に説明してくれたので大満足でした。


さて、カルガリーにお迎えの車が来て、走ること1時間半。
バンフ(Banff)に到着~!!しかし、あいにくの小雨でした。

banff1.jpg


メインストリートは、山小屋風の建物で統一された街並み。
マクドナルドも、ここでは山小屋風。

banff3.jpg


続きを読む...


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

翌日からのバンフ発ツアーに向けて、この日はカルガリーに滞在。
お昼頃にのんびり起きて外に出ると、なんだか懐かしいにおいが。
日本っぽい匂いなのか草木の匂いなのか、なんだったのかな。

街のなかは平日のせいか閑散としていたけれど、
90万人都市とあって高層ビルも多く、なかなかの都会。

↓川沿いの公園からカルガリーの街方面を。
calgary2.jpg


街のなかでもひときわ高くそびえるカルガリータワーからは、
カナディアン・ロッキーの山並みが街の向こうに見えるそう。
(この日はちょっと曇っていたので、登らなかったのですが。)

カルガリー市内は、C-Trainという路面電車も走っていました。

calgary1.jpg


夜は、この辺りの名物“アルバータ牛”のステーキを食べに
Buzzardsというレストランへ。

カウボーイをテーマにした内装でカジュアルな雰囲気。
ビールがとっても美味しかったです。
ステーキは、サーロインとリブアイを注文してみました。
リブアイのほうが柔らかいしジューシーでお勧めです☆

calgary3.jpg calgary4.jpg

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

ロッキーマウンテニア号乗車2日目は、朝5時半に起きて出発の準備。
6時半にはホテルの前にバスが迎えに来るのです。
カムループス駅に到着すると、マウンテニア号がお待ちかね。
みんな続々と乗り込み、カルガリー(Calgary)へ向けて出発です。

P1070129.jpg
車窓から。朝早いので、湖面が鏡のよう。


2日目のルートは、いかにも“カナディアンロッキー”な景色の中を走り抜けます。

P1070135.jpg

P1070138.jpg

車窓から見上げるようにしないと頂上まで見えないロッキーの山々。
ゴールドリーフクラスの天井ガラス車両は、こういう時に最高なのでしょうね~。

P1070137.jpg
コバルトブルーの湖。

続きを読む...


テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。