ニューヨーク発 旅行記

アメリカ&カナダの各都市、北米の国立公園、バハマの旅行記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部旅行最終日はワシントンD.C.を観光しました。
昨年も訪れているので、前回見逃したところへ。

ケンタッキーでリンカーンの生家を見てきた私達は、
リンカーンが暗殺されたフォード劇場(Ford's Theatre)へ行くことにしました。

↓三角屋根の赤いレンガの建物がフォード劇場です。
dc0611.jpg

続きを読む...


スポンサーサイト
テーマ:USA - ジャンル:旅行

朝一番でフィラデルフィアのCity Hallへ。歴史のある瀟洒な建物です。
1階のツアーオフィスでチケットを配布してもらい、City Hall Towerの展望台へ。



 夫はガタガタ揺れるエレベーターが相当怖かったらしく、
凄まじい形相を浮かべ「こんなところに連れて来るなんて一生恨む」
とか呟いています。怖がりで困ったものです。
それなら提案しなきゃいいのに。
展望台に着いてからも窓際に寄ろうともせず。
確かに風が吹いたら揺れそうな建物でスリルがありましたが・・・。
 まあ、何はともあれ、高さ166mからの眺めは、地平線も見えて爽快です。




続きを読む...


テーマ:USA - ジャンル:旅行

ワシントンD.C.最終日は、ホテルの周辺を観光。
 デュポンサークルの北には、小さなレストランやカフェ、書店が多く並んでいます。


D.C.は道路も綺麗。ニューヨークみたいに変な匂いもしなかったし。

続きを読む...


テーマ:USA - ジャンル:旅行
本日は、朝一番で造幣局へ。
人気のガイドツアーは、すぐにチケットが無くなってしまうそう。
幸い10:15~のチケットを配布してもらい、すぐにツアーに参加できました。
ツアーは無料。DCでは無料が多くて助かります。



 ガイドツアーでは、米ドル札を印刷する工程を見学。
大きな機械を何台も稼動して米ドル札が印刷されています。
米ドルの耐用年数はわずか18ヶ月。アメリカ人のお札の扱い方、荒いからなぁ。
それで毎日多くのお札が印刷されているわけです。
工場内は撮影禁止でした。

 

続きを読む...


テーマ:USA - ジャンル:旅行

ボルチモアからワシントンDCへはアムトラックで40分。
予約しておいたデュポンサークルにあるホテルまで地下鉄を利用してみました。

地下鉄の駅に着いて、びっくり!!噂には聞いていたけれど、
ワシントンDCの地下鉄って近代的だし、信じられないくらい綺麗!
こんなに驚くのは、ニューヨークの汚い地下鉄を見慣れてしまったから?

 

続きを読む...


テーマ:USA - ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。