ニューヨーク発 旅行記

アメリカ&カナダの各都市、北米の国立公園、バハマの旅行記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、目が覚めたら、ボンゴちゃんが元気に家の中をクルクル歩き回っていました。
犬は元気だなー。そうか、お酒飲んでないもんね。
とんちゃんの旦那様にお茶を入れてもらって、しばしの間、まったりとくつろぎモード。

ところで、さっきからとんちゃんの姿が見えない。
旦那様に聞いてみたところ、「朝からずっとトイレにいるよ」とのこと。

そういえば学生の頃、いつも飲み会の途中に姿を消してトイレにこもっていたのに、昨夜は終始元気だったから、お酒強くなったんだな~と思っていたんだが・・・。
どうやら、成長につれて夜型から朝型に変化した様子。
でも、お家に3つもトイレがあるから安心だね?!

しばらくして、とんちゃん登場。
昨日寝る前に部屋で転んじゃったらしく、生傷が痛々しかった・・・。治ったかな?
昨夜は、久々の再会を祝して2人とも飲みすぎたらしく、わたしも車に乗ってから2日酔いが回ってきたりと、この日は調子悪かったよ
ジャグジーで湯に浸かりながら飲んだのがいけなかったのかねぇ。
今度から気をつけますか。


そんなこんなで、大変お世話になったとんちゃん邸を後にし、わたし達は再度マウントレニエ国立公園へ出発~
今日は天気が良いから、夢にまで見た(?)タコマ富士がくっきり見えそうで期待大。

途中、窓のない中華店に寄ってランチ。
わたしは調子が悪くて食欲がなかったので、卵スープだけ。
2人は大盛りのメニューをモリモリ食べてました。健康なことはいいことだ。
この中華店、味は普通だったけど、昼なのに暗いし、夜のムードが漂っていてなんか怪しかったです。元々、クラブかなんかだったのかな?



シアトルから2時間程南下して、Mount Rainier National Parkに再上陸!
3日前にも来たビューポイントに降り立ったら、壮大な山が見えました!!うわーい
P1060884.jpg


リフレクション・レイク前にて。
先日、ここに設置されている写真を見ながら、「晴れていれば、この先に山が見えるんだね・・・」なんて言っていたのが嘘みたい。
P1060889.jpg


前回も来たJacksonビジターセンターに到着したら、建物の後ろにデッカイ山がドドーン。
同じ場所とは思えず。また来れてヨカッタ。

再度パラダイスのトレイルを散策。
今回は、氷河も山頂もよく見えました。
P1060890.jpg


この前は霧がかかっていたトレイルも、すっきり晴れていて散策日和。
P1060892.jpg


明日は初の車での国境越えをして、バンクーバー入りの予定。
できるだけ北上し、国境近くのモーテルを探して、宿泊。
今晩が3人での旅の最後なので、ちょっと豪華にディナーといきたいところだったけれど、やはり選ぶ余地なしの場所・・・。仕方がないので、エリア内で一番高級と思われるDenny'sにて夜ご飯にしました。
スポンサーサイト
テーマ:USA - ジャンル:旅行
5番目に向かう国立公園は、Olympic National Park
シアトルの北西にある国立公園です。
公園に到着し、キャンプ場で昨日の夜ご飯「Happy Teriyaki」の残りを昼ご飯代わりに・・・。
だって、大量に残ってたから3人とも捨てられなくて。

トレイルを歩いてみると、木にコケや藻が絡まりついていて、鬱蒼としたジャングルみたい。
多量の雨によって出来上がったレインフォレスト。
からまった藻が、お味噌汁に入れるとろろ昆布の色にそっくりでした。
P1060809.jpg

P1060810.jpg


公園内の巨木。中をのぞいて見たら空洞。
アメリカ人のおじさんが、木に登って写真を撮っていました。
国立公園の木に登っていいんだろうか?
P1060816.jpg


こちらに、きれいな写真サイトがあったので、ご紹介。

Olympic National Park Photo Gallary

ガイドブック情報によると、ここの公園では、自然を自然のままに残すため、1年前に打ち寄せられたザトウクジラをそのまま放置して観察しているとのこと。
“それって、今、一体どうなっているんだろう??”
興味を示した私たちは、Beach1~2の間にあるという、その鯨の死体を見に向かいました。
P1060813.jpg

海岸の様子は、日本にそっくり。
1体、オットセイ?らしき死体があって、腐りかけていました。
行きに通りかかった時は無意識に息を止めていたものの、Oくんが「臭かった」と言うので、物は試しと、帰りに立ち寄って風下で臭いを嗅いでみたところ、物凄い悪臭・・・
うまく表現できないけれど、真夏に魚が入ったゴミをしばらく放置した時に発する臭いのような。
鯨だったら、もっと強烈だったかな。

波打ち際には多くの流木が流れ着いていて、鯨の骨と混じっていたら見分けがつきません。
一生懸命探しましたが、多分、ありませんでした。
もう白骨化して、調査団がどこかへ持っていってしまったのかもしれません。

Lake Crescent。透き通った湖。
窒素濃度が低く、植物プランクトンが育たないから、透明度が高いんだって。
P1060818.jpg

P1060819.jpg

手漕ぎボートに乗りたかったけれど、時間が無いので次の目的地へ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この近くには、Sol Duc Hot Springsという温泉リゾートがあるとのこと。
温泉なんて、アメリカ初。水着レンタルもあるらしいし、行ってみることにしました。

温泉リゾートに到着すると、硫黄の臭いがしてきました。温泉地っぽい!
ところが、ここのレンタル用水着が最悪。
もちろん期待はしていなかったけど、ほとんどがおばさん用ワンピースで、なんじゃこのセンスはっ!?ていう柄なうえに、布が薄くなって毛玉がついているものばかり。
でも、せっかくなので、その中でまだマシな水着をチョイス。
ここに来たことを後悔しながら、ヘンテコ水着に着替えて、いざスパへ。

屋外のプールのようなスパ。
(Sol Duc Hot Springs and Lake CrescentのHPより)
hotspring_6.jpg

お湯は非常にぬるく、直射日光直撃で、ゆっくり浸かってられませんでしたが、硫黄臭のするお湯に浸かって、久々の温泉気分
日本に帰っていない夫とOくんは喜んでいたようです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

硫黄臭を漂わせながら、シアトルへ。
シアトルの高層ビル群が見えてきました。

とんちゃーん!ついにシアトルまで来たよー!!
学生の頃、同じ寮で2年間を共に過ごした友達がこの街で暮らしているのです。
彼女との約束は明日。変わってるかなー?変わってないかなー?楽しみ。

今晩は久々の都会。
街中のモーテルに宿を決め、タクシーで「Uwajimaya」という日系スーパーへ。
シアトルの街中に、あんなに大きな日系スーパーがあるなんて便利。
ニューヨークの場合、ニュージャージーまで行かないと大型店がないもんね。
しかも、シアトルのほうが同じものでも値段が安い。日本に近いからかな。
これから、まだまだ旅が続く私たちは、久々の日系食料を前に興奮気味。
カップラーメン、お菓子等を買い漁りました。

Uwajimayaを出たのが21:30。
周りがチャイナタウンだし、今晩は都会ならではの美味しい夜ご飯が食べられる!と思っていたのに、ナント、すでにどこも閉まっている!!
シアトルは夜が早いらしい。

まだ営業している飲食店を調べ、タクシーで港近くのホテルにあるバーへ移動。
そこで夜ご飯にありつけました。
しかも、なぜか22:00~のハッピーアワーで割引価格。
ウエイターのお兄さんもすっごく親切で驚きました。
西海岸って、ニューヨークと違って親切な人が多いわ。

その後、モーテルに戻り、就寝。
明け方4:30頃、狂った?宿泊客の客が騒いで、警察が来たりと大騒ぎで起こされました。
テーマ:USA - ジャンル:旅行
4番目に向かう国立公園は、Mount Rainier National Park
この山は、“Tacoma(タコマ)”という地区にあって、山の姿が富士山に似ていることから、この辺りに住む日系人には「タコマ富士」と呼ばれ親しまれているそうです。
昨日、ポートランドへ車を走らせている途中に山が見えたらしいのですが、わたくしは後部座席で居眠りをしていたので・・・。

今朝は、怪しい雲行き。
マウントレニエ方面へ車を走らせ、ふもとに到着するも山が雲に隠れて全く見えない状態。
お昼に付近のダイナーにてBLTを食べた後、山頂に一番近い“Jacksonビジターセンター”に到着。
ガイドブックの写真では、ビジターセンターの後ろに雄大な山の姿がドドーンと見えるはずなのだけど・・・。

仕方が無いので、高山植物を観察しながら、トレイルを散歩。
P1060793.jpg


トレイルにも霧が降りていて、幻想的ではありましたが・・・。
P1060790.jpg


奥の展望スポットでは、マウントレーニエの山麓に氷河が溶けて流れているのが見えました。
P1060787.jpg


今日は山を見るのを諦めて町へ向かっている途中、助手席のダンナが「山が見えた」と叫ぶので、車を止めて見たら、雲が切れて上の方の山肌が見えました!
P1060798.jpg


マウントレニエの雪が水源のNarada滝。
P1060794.jpg


途中で見たシカ。
P1060800.jpg


P1060802.jpg


途中で見た、毛がモジャモジャの動物。
誰かが飼っているらしく、色々な色の同じ動物が5~6匹くらい繋がれていました。
人に慣れているのか、近寄ったら急に立ち上がったので驚きました。
P1060803.jpg


シアトル方面へ車を走らせ、ワシントン州の州都“Olympia”にて州議事堂を見学。
P1060807.jpg


OlympiaからAberdeenに到着し、さらに隣町へ行こうとしたところ、踏み切りが降りてきて足止め。
長~い貨物列車がやってきて、踏み切りを通過したかと思ったら、またバックしてきて、その後も前進したり後進したりの繰り返し・・・。なんなんだ。
15分程待っていたけれど、いつまで繰り返すか分からないので諦めて、Abardeenのモーテルに宿泊。

前後移動を繰り返す貨物列車の枠組み 何をしたかったのか意味不明。
P1060808.jpg


ここのモーテル、部屋の中に洗面所があったり靴を脱ぐスペースがあったりと、日本仕様でした。
町の中にも「東京サウナ」っていう看板があったり、日本にゆかりがある町なのかしら?
後で調べてもそれらしき事由が何も出てきませんでしたが。

夜ご飯は、またもや選ぶ余地なく「Happy Teriyaki」という中華系ファーストフード。
このコンテナの中身、食べたはずなのに、まだ買ったばかりに見えるほど大量でした。

あの貨物列車、夕食購入後も行ったり来たりを繰り返していました。
あれから1時間以上やっていたとは!待ってなくてよかった。
テーマ:USA - ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。