ニューヨーク発 旅行記

アメリカ&カナダの各都市、北米の国立公園、バハマの旅行記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝9:00にモーテルを出発。
この旅で3番目に向かう国立公園は、オレゴン州にあるCrater Lake National Park

この湖は最深592mで、世界で第七位の深さ。透明度も世界屈指。
ちなみに、第一位はロシアのバイカル湖。日本一の深さの田沢湖は世界第十位です。

湖をぐるっと囲んでいる43kmの道路を一周して観光します。
ドライブの間、ずっと湖が見えるのかなーと思っていたら、ビューポイント以外は、避暑地の山林の中を走っている感じ。
ビューポイントがある度に駐車→下車→見学を繰り返しました。

実はそんなに期待していなかったのですが、クレーターレイクは、予想をはるかに上回るほど綺麗でびっくり!
あんなに真っ青で透き通った湖を今まで見たことがありませんでした。

すっごく青くて透き通っていました。写真では透明度が表せてなくて残念ですが。
P1060758.jpg



湖の中に見える山は、Wizzard Island。
高さ233mの火山の山頂には小さい火口があります。

P1060756.jpg


さらにWizzard Islandへ近づいたビューポイントにて
P1060762.jpg


360度、いろいろな角度から湖を観察。
クレーターレイクでは、上から湖を眺めるビューポイントばかりで、湖の水を触れるのは、Cleetwood Coveというポイントのみ。
ところが、急な坂を1.6km降りなければいけないので、やめちゃいました。

カルデラ湖の形が分かるかな?
P1060763.jpg




ガイドブックを見ていたら、この湖には100年以上も前から湖面を漂っている“The Old Man of the Lake(幸せを呼ぶ謎の爺さん)”と呼ばれる、枯れ木があるとの情報をGET。
10mほどの長さがあるのに、不思議とバランスよく直立しているそうで、見た人には幸せが訪れるという言い伝えがあるらしい。
公園でもらったパンフレットにもこのことが掲載されていたので、嘘じゃない様子。

“The Seattle Times”から拝借した画像↓。
プロのカメラマンが撮った水の色は綺麗だなぁ~!

2002254912.jpg


絶対に見つけてやる~!!と気合の入った3人が湖の湖面を凝視。
それからは湖の青さに感動するのも忘れて、何時間も各ポイントで爺さん探しに明け暮れました。
ただし、見られる確率は0・01%とのこと。
この湖広すぎ。あ~、双眼鏡持って来るんだった。

そこで、作戦その1。テレフォンカードの穴覗き作戦!
運賃後払い方式のバス内で運賃確認に有効。
焦点を一点に集中させる効果があるのですが、視力に限界があり無理でした・・・。

作戦2。デジカメで最大に望遠して撮影し、それをさらに拡大して表示。

結果、2つほどそれらしきものを発見!!


この日は、ポートランド郊外のモーテルに宿を決め、さっそくOくん持参のパソコンに画像を取り込み、拡大してみました。

↓肉眼では、点にしか見えず・・・。
黄色い○の中にあるはずなんだけど、画像をWeb用に圧縮したら、ほとんど見えなっちゃった

oldtree.jpg


上の画像から切り取った画像。
ほら、なんか細長いの浮いてるでしょう?

oldman.jpg
と、いうわけで、↑この細長い物体を、
爺さんに認定!!
努力の甲斐ありました。パチパチパチ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
最後にファントムシップ(幽霊船)が見えるビュースポット。
黄色い↑矢印の先がファントムシップ。
kore.jpg


拡大すると、こんな感じ。
どうも、幽霊船には見えませんでしたけど、雰囲気はあるかも。

ghostship.jpg



クレーターレーク観光後、ポートランド郊外まで車を走らせてモーテル探し。
そういえば今日は、モーテルでもらったオレンジジュースとパン、牛乳を朝食べたのみで、昼を食べるのを忘れてました。爺さん探しに熱中していたせいかも。

昨日から食生活が貧しいので、今晩はレストランに行きたかったけれど、またもや郊外のため、レストランはおあずけ。
ファーストフードよりはマシと思われるパンダエクスプレスという中華のデリで夜ご飯を買って買って帰りました。明日は美味しいものが食べたいよー。
スポンサーサイト
テーマ:USA - ジャンル:旅行
こちらの旅行記、しばらく更新していないうちに12月に入っていました。
夏の旅行も4ヶ月前のことになってしまった!!どおりで寒いわけだ。
忘れないうちに、書き進めなきゃ。

さてさて、たっぷりとワインを堪能したナパを出発して、インターステート5を北上。
カリフォルニア州都のサクラメントに到着。
と、いえば、シュワルツネッガー州知事~!! 

こちらがカリフォルニア州議事堂。シュワちゃんいるかなー??
P1060727.jpg


土曜日だったので、シュワちゃん不在。残念。

もちろん、知事室前で記念撮影しときました。
P1060728.jpg

私たちの後に、中国人観光客がドドーっと来訪。
やはり同じように記念撮影大会が始まり、大混雑地帯となりました。
中国でも人気なんだわね。彼らより早く着いてよかった。

そのままI-5を100マイルほど北上。
2つめの国立公園、Lassen Volcanic National Parkに到着!
ここは、活火山。
ところどころに雪が残っているところもあれば、岩から硫黄の湯気が出ていたり、湖や湿原があったり、鹿が出てきたりと、地上の楽園のようなところでした。

湯気がモクモク・・・。硫黄の臭いがプーン・・・。日本だったら温泉が出来るぞ。
P1060737.jpg


ところどころ白いのは、氷河。
わーい!雪だ雪だ~!!
雪といったらお決まりで、夫に雪玉ぶつけてみたら怒ってた。Oくんは怒らなかったもんね。

P1060739.jpg


アメリカ人観光客も氷河の上ではしゃいでました。
P1060743.jpg


こちらは、湿原地帯。花が咲いたり、小川が流れたり、鹿が出てきたり、まるで絵本の世界。
P1060750.jpg


別世界に浸っていたのもつかの間、公園パトロール隊員?が私たちの車を指して、「持ち主は誰だー?」というようなことを叫んでます。
なんだろう?と駆け寄っていくと、免許証を提出させた後、「こちらに近寄るな」と言い、我々の様子を伺いながらメモったり、どこかと連絡を取り合ったりしていて・・・。
何が何だか分からず、「3人のうちの誰かが何かの事件の容疑者に似てるのかも?」と訳の分からん会話をしていたら、しばらくしてパトロール隊員が駐車違反$160の切符を差し出してきました。
違反切符だったのか。ヤラれたー!他の車も止めてたじゃん。
なんでうちだけ?人種差別だ!悔しーい!


証拠写真撮ってみた↓
そんなにはみ出てないじゃん。うぇーん。
P1060752.jpg


がっくりしながら、この日最後のビューポイントの湖へ。
すっかり慎重になったOくんは、駐車場の線をはみ出ていないか、しゃがみ込んで確認してるし・・・。これからみんなで気をつけよう・・・。
P1060753.jpg

でもさ、$160って、むっちゃ高くない?国立公園だからなの~?
3人で割れば負担は軽いけどさ・・・。
レンジャーだかパトロールだか知らんが大嫌いだー。ふん。
ってな感じで、しばらく愚痴った後、悪いことがあった後には、きっといいことがあるに違いない!との結論に達して次の目的地へ。

車はどんどん北上してカリフォルニア州を抜け、オレゴン州へ突入!
オレゴン州は、タックスフリーの州。
BEST BUYなどの量販店があるモールがやたら多い。
ガソリン代をかけても、オレゴンで買ったほうが安いもの、いっぱいありそうだもんなー。

この日は、MedfordのTravelodge($60)に宿泊。
周りにファーストフードしかない場所だったので、KFCの10PCパック、コールスロー、ビスケットを購入。朝もバーガーKINGだったから「ファーストフード飽きたぽ」と言いたいところだけど、田舎町では選ぶ余地ないので我慢。

テレビ付けたら、たまたまやってた“ロデオ”を見ながら黙々とチキンを食べ、ナパで買ったワインを飲んで寝たのでした。
テーマ:USA - ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。