ニューヨーク発 旅行記

アメリカ&カナダの各都市、北米の国立公園、バハマの旅行記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜遅かったので、今朝はちょっと遅めの10:15にマーセドを出発。
1時間半程で、ヨセミテのマリポサグローブへ。
出発が遅かったからか、パーキングが満車!
仕方が無いので、少し戻りWawona storeからシャトルバスで再び向かうことに。
大勢の人が待っていたので、バスに乗れるか心配でしたが、
30分に一本なので、これを逃すわけにはいかない!と、どうにか乗り込みました。

マリポサグローブに到着。
赤茶色の幹をした巨大なセコイアという木が立ち並ぶ森の中を進んでいきます。
P1060592.jpg

途中、セコイアの大木が倒れていました。
いつ倒れたのでしょう。根がすっかり乾燥しています。
アメリカの国立公園では、自然を自然のまま残しておくそう。

P1060595.jpg

やや上りの坂を30分程歩いて、目指していたGRIZZY GIANTに到着。
他のセコイアに比べると、高さはそれほど変わらないけれど、幹の太さは断トツ。
ガイドブックによると、根元の周囲29m、直径8.7m、推定樹齢は2700年だそうです!
また、何度も落雷に遭ったため、62mで伸びなくなり、17度傾いてしまったとか。

GRIZZY GIANT
P1060580.jpg


California Tunnel Tree
P1060586.jpg


こちらは、切り抜かれたセコイア。中を自由に行き来できますが、
100年以上前にも、このように切り抜かれて人気になったけれど、
弱って倒れてしまった木があるとのこと。
この木も同じような運命を辿るのかもしれません。
2千年もかけて伸びた大木が、人間の手によって一瞬にして弱り、
成長力を失ってしまうなんて、ひどい話です。
もちろん、今はそんなことできないそうですが。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

マリポサグローブから、再びヨセミテバレー方面へ移動。
この滝は、花嫁のベールに似ているからこう名づけられたそうです。

Bridalveil Fall
P1060600.jpg

↓ロッククライマーが憧れるエルキャピタン。
わたし達が行った時は、相当暑い日だったので、
灼熱の太陽の光を浴びる中、登っている方はさすがにいませんでしたが、
こんな岩を登るなんて、信じられない!
谷底から1095m、垂直にそびえたっている世界最大の一枚岩です。

El Capitan P1060607.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨日も行ったミラーレイクへ。
男性陣は今日、水着を持参してきたので、水浴びが目的です。
ここの水は氷水のように冷たいので、肩まで入るのに時間がかかっていました。
周りの子供達も、勇敢に高い岩からジャンプしたりと楽しそう。
わたしは、この旅には水着を持ってきていなかったので、見学・・・
P1060614.jpg

水浴びの見学中、ミラーレイクの畔から見上げると、
ハーフドームが目の前にそびえ立っていて、大迫力でした。

Half Dome P1060616.jpg

ミラーレイクから帰る途中、周りに人がいなくなり、森林の中、3人だけに。
ここでクマが出たら、誰が犠牲になろうかなんて話していたら、
Oくんが前方を指差して「あれは・・・?」と。
指差した方向を見ると、50m程前方で茶色い物体が動いています!!
一瞬のうちに3人で青ざめて固まりました。
クマ避けのため?か口笛を吹き続けていたダンナをバカにしていたわたしも、
この時ばかりはクマの写真を撮るのさえ忘れる始末。
シャッターチャンスだったのに、しまった・・・。
後方から飛ばして来た自転車を止め、後ろから追いついて来た人達と共に見守っていると、
クマはゆ~っくりと道路を横切り、林の中へ入っていきました。
ヨセミテは、本当にクマが出ますよー。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


↓こちらは、Yosemite Falls。
写真を撮った角度からは、一番下の1段の滝しか見えないけれど、
3段に分かれた長い滝で、落差740m、世界5位の滝です。
P1060637.jpg

ヨセミテは見所が多くて、2日だけでは足りないほどでした。
時間があれば、もっとトレイルを歩いてみたかった。
アメリカ初の国立公園は、スケールの大きさに驚きっぱなしでした。

スポンサーサイト
テーマ:USA - ジャンル:旅行
2連泊したサンフランシスコのモーテルを8:30にチェックアウトし、ヨセミテ国立公園へ出発!
アメリカに来て初の国立公園訪問です。
わたしでも、ヨセミテの名は、日本にいた時から知っていたので、きっとスゴいに違いない。

お昼、途中の田舎町のダイナーへ。
今までの経験から、2人分を3人でシェアして食べたら、正解でした。

P1060502.jpg

上の写真ような景色が延々と続く道を走り続け、15:00頃にようやくヨセミテ国立公園のビジターセンターに到着。
この日は晴天で、とても暑かったので、ビレッジストアで水を多めに購入しておきました。

ビジターセンターから、1時間程トレイルを散歩。
ガイドブックに出てくる、ヨセミテらしい景色が目の前に見えてきて感動です。
何万年もの月日をかけて、氷河と川、地殻変動がこの美しい景観を造り上げたなんて、自然の力って計り知れない。
P1060504.jpg


その後、ミラーレイク方面へ。
車を置いてから、やや上り坂のトレイルを30分程歩きます。
着いたら、湖というより、池という感じでした。
夏は干上がってしまうようです。
水着で泳いでいる人がいたので、私たちも足だけ浸かってみました。
氷水みたいで、疲れた足がリフレッシュされました。

P1060528.jpg


車に乗り込み、バレービューのポイントへ。
バレービューからの景色
P1060539.jpg

マーセード川の奥にエルキャピタンと右側にブライダルベール滝が見えます


車でビューポイントを目指していた途中、路肩に人だかりが・・・。
人がいるところには何かがあるに違いない!と物好きな私が見に行ったところ、クマがいる模様
さっそく他の2人にも知らせ、車を路駐し、しばしクマ見学。
クマは、道路を横断して、林の中へおとなしく帰っていくところだったようです。
カメラやビデオを回して撮っている観光客がたくさんいました。
・・・わたしもその1人でしたが。
ヨセミテでは、野生のクマに遭遇する確率が高いということは、ガイドブックにも載っています。
襲われないように気をつけなきゃ。


トンネルビューのポイントから
P1060547.jpg

上からの景色も絶景です。


グレーシャーポイントから
P1060553.jpg

ずいぶん高いところまで車で上りました。
こちらも絶景。
ミラーレイクで頭上に見えたハーフドームがはるか遠くに見えました。
こうして見ると、ヨセミテってやっぱりデカイ!

帰りの車窓から、夕焼けのヨセミテ。
P1060568.jpg


明日もヨセミテ観光のため、付近でモーテル探し。
しかし、恐るべしヨセミテ。
近くのモーテルを回るも、全て満室。
しばらく走って、小さな町に到着。
そこで再度モーテルを回ったけれど、空きは無し・・・。
Burger Kingで夜ご飯を簡単に済ませ、さらに車で走って走って、ヨセミテから70マイル程離れたマーセドのSuper8にやっと空きを見つけたのは、22:00過ぎでした。
運転、ナビのおふたり、本当にお疲れさまでした~。
テーマ:USA - ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。