ニューヨーク発 旅行記

アメリカ&カナダの各都市、北米の国立公園、バハマの旅行記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう3ヶ月も前のこと。
雑誌を読んでいた夫が、なにやら悲鳴のような声を出していたので、
一体何事?と思ってのぞいてみたら、
「アーチーズ国立公園のウォールアーチが崩壊した」との記事が!!

↓こちらは、Arches National Park の公式HPより

August 08, 2008
Wall Arch Collapses
Wall Arch, located along the popular Devils Garden Trail at Arches National Park collapsed sometime during the night of August 4, 2008.


HPによると、8月4日の夜の間に崩れたらしいけれど、
誰も見ていなかったようで、正確な時間は分からない模様。
きっと、朝にパークレンジャーか誰かが見つけたのでしょう。

Wall Archは、デビルズガーデンにある、わりと地味なアーチ。
名前のとおり、アーチをくぐるとすぐに壁があって、
そのアーチは結構太くてがっしりしていたように思うけれど、
壁があるからビル風のように、強く当たっていたのかなぁ?

すぐに壊れてしまいそうな華奢なアーチがたくさんあるなかで、
あのWall Archが崩壊してしまうなんて全く想像していなかった。
こんなふうに、前に見れた景色がまた見れるとは限らなくて、
前には無かった新しいアーチがまたどこかで出来ているのかもしれない。
そんな儚げなところも、アーチーズの魅力のひとつなのかも。

あー、アーチーズの土の色が恋しくなってきたよぉ。
スポンサーサイト
テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行
前日滞在したソルトレイクシティからバスに揺られて約5時間。

車窓から見える景色が、青緑系から赤茶系に変わってきました。
寒くていっぱい着込んでいたカナダのバンフから、だいぶ南下してきたんだなぁとしみじみ。
バスの窓は、カナダ人運転手のボブさんが毎日磨いてくれるので、このとおりピカピカでした。

arches1


モアブの街に入ると間もなく、アーチーズ国立公園(Arches National Park)に到着~!

P1070835.jpg


バスから降りると、目の前に赤茶の巨大岩が広がっていて、一同歓声を上げました。
この色、ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンにそっくり!
日本には存在しない自然の色かも。一気に期待が高まってきました!

P1070837.jpg


実は、この公園、あまりの素晴らしさに、後ほどレンタカーを使って、個人でも再訪したんです。
今回は、バスツアーで訪れた編の1日目です。

続きを読む...


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行
イエローストーン国立公園からグランドティートン国立公園へ移動。
この2つの公園はそれほど離れていないので、すぐに到着しました。

少し曇っていたのが残念。
ワイオミングの山脈を見ると、映画「ブロークバックマウンテン」の曲が頭の中をグルグル。

パノラマのカメラがあれば全景が写せたのかも・・・と後悔するほど、左右に美しい山脈が広がっていました。

grandteton1.jpg


grandteton4.jpg


グランドティートンの山と草原が綺麗に見えるホテルでランチタイム。
イエローストーンでたくさん見て感動してきたくせに、バイソンのハンバーガーとビーフシチューを注文。
バイソンのお肉は、牛肉に比べるとちょっとパサパサしている気がしました。

grandteton2.jpg


外に出てみると、ムースの子供が!
離れていて小さくしか見えなかったけれど、野生動物を見れてラッキー。

grandteton3.jpg



ランチ後、ジャクソンのホテルに到着。夕方まで街を散策しました。
古きよきアメリカを再現したような新しくて綺麗な街。

grandteton8.jpg

grandteton9.jpg



この日の夜は、ウエスタンディナーショー。
幌馬車に乗って、会場へ向かいます。
中は10人位乗れるほどの大きさ。
馬が走る音と振動と土の匂いで、気分は大草原の小さな家でした。

grandteton5.jpg


途中、インディアンの襲撃なんていう演出もあり、最初は一体なに事!?とびっくりしたけれど、なかなか笑えて楽しかったです。
しかし、2頭の馬でこんなに重いものを引いて走るなんて、馬って働き者。


会場でのご飯ばビュッフェで、味はイマイチだったかな。
途中で雨も降ってきて寒かった。

grandteton6.jpg



カウボーイの西部の歌をいろいろ聴かせてもらいました。
ステージに1人連れて行かれるよ、と聞いていたのでドキドキ。
夫はしきりに目を合わせないようにしていましたが、無事に選ばれずに終わって一安心。
選ばれた人は、カウボーイの掛け声をやらされてましたが、ノリノリでした。

grandteton7.jpg



帰りの幌馬車は、雨で髪が濡れちゃったけど、すぐにホテルに帰れたし、この日お湯が水にならなかったからよかった。

翌日からは、ソルトレイクシティを経由して、アーチーズ国立公園です!
テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Yellow Stone Lake周辺地区、レイクカントリーへ。

ここで、Fish Podという湖の中の珍しい温泉を見ました。
下の写真の湖の中にポツンと浮かぶ穴です。

yel18.jpg

このFish Podの穴からは、湯気が出ていて、
外からは見えないけれど、中には温泉が沸いている様子。

この名前は、こんなエピソードから名づけられたんだそうです↓。

ある時、この湖で釣りをしていた人が、
釣った魚をこの穴の中に落としてしまいました。
慌てて引き上げたところ、なんと魚がボイルされて出てきたので、
釣り人は、その茹で上げられた魚を美味しく食べることができました。
そんな噂が広がって、釣り人の間でこの穴が人気になり、
“Fish Pod”と名づけられたんだとか。

なんだか、楽しそうなお話ですね。

続きを読む...


テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行

トレイルに点在している間欠泉や温泉を見て戻ってくると
一番有名な間欠泉、Old Faithful Geyserの前は
既に大勢の人の輪が出来ていました。もうすぐ噴出予定時刻です。

yel10.jpg


間もなく間欠泉の噴出口に変化が現れ始めました。

①噴出口からフワフワと小さな湯気が(下の写真:左上)

②その湯気が次第に大きくなり(写真:右上)

③沸騰したやかんの口のようになってきて(写真:左下)

④プシュッとお湯が噴出してきました!!(写真:右下)


yel21.jpg

その後もガイザーはどんどん高く噴き上がります。 ↓

続きを読む...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。